スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震の心得 貼り付けのみ






以下貼り付け



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



地震現場での心得をメモしておきます。


☆【現場での心得】
● 避難の際は、可能であれば以下を持ち出すようにしてください。
□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰、アルファー米、インスタント食品など)
□携帯電話と非常用充電器
□家族の写真(はぐれた時の確認用)
以下、あると便利
□懐中電灯
□サランラップ
□タオル
□ナイロン袋
□笛

● 女性の方は1人での行動は控えてください。悲しい話ですが、被災地での暴行・レイプは少なからず起こります。
「風呂、トイレ貸してあげる」などの誘い文句にはご用心を。 トイレ行くときも複数人で!

●妊婦の方はご自身から妊娠中であることを自己申告し、優先的に救助されて下さい。
外見からでは妊娠初期は分かりません。妊婦さん、乳幼児の周りにいる方、妊婦さんの声を聞いて上げて下さい。
妊婦さん、戦時でも沢山の健康な赤ちゃんが産まれています。どうぞ安心して。絶対に大丈夫です。
↑妊婦の方、もしくは近くに妊婦の方がいらっしゃれば力になってあげてください。

●避難するときの注意点
壊れたガラス等が散乱していると足元が危険なので靴をはく
へルメットか綿の入った帽子、なければ座布団やクッション等で頭を保護
ケガ防止のため肌の露出は避ける
煙が出たら、濡れタオルを鼻に当てる
エレベーターは使わない
正しい情報を手に入れる
車で避難しない
できるだけ落ち着くこと
ガラス窓、ブロック塀などの近くは歩かない

● 1人で過呼吸やしんどそうにしてる方を見かけ、余裕のある方はついてあげてください。パニック障害を起こされた方の経験上、それだけで随分違うそうです。

●震災の時に、建物に赤い紙が貼られていたら、それは「全壊」の判定を受けた建物です。倒壊の危険性が高いですので、近寄らないようにしてください。

☆【災害時の連絡など】
● 災害伝言ダイヤルは171番です。ご利用ください。
 ◆被害者の方
 1.伝言ダイヤル「171」を押す。
 2.自宅の電話番号を押す。
 3.伝言を録音する。

 ◆安否を確認したい方
 1.伝言ダイヤル「171」を押す。
 2.安否を確認したい方の番号を押す。
 3.録音された伝言を再生する。

● 電話がつながりにくい方、mixiやツイッター、Skypeが非常に便利です。勿論ラジオやTVも活用してください。

●・googleより安否を確認できるためのサービスが公開されています。Google Person Finder 2011 http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

●災害伝言ダイヤルhttp://www.ntt-west.co.jp/dengon/

●NTTドコモ・ソフトバンクモバイル・KDDI・ウィルコム・イーモバイル各社
ドコモ http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
au http://dengon.ezweb.ne.jp/
ソフトバンク http://dengon.softbank.ne.jp/J
ウィルコム http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/
イーモバイル http://dengon.emnet.ne.jp/

☆【電気・ガス・水道】
●ガスが止まってしまった方へ。
東京ガスは震度4で自動停止機能が働く。復帰は簡単。メーターの左上にある黒いキャップを外して中のボタンを奥まで押しこむ。メーター上部の赤ランプが3分点滅するので、その後復活。

●電線が切れて地面に垂れている場合、半径5mでも感電する恐れがあるので絶対に近づかない。


☆【知ってると便利】
●キャップがオレンジ色のペットボトルは熱に強い構造をしています。
お湯が確保できるならお湯を入れれば簡易湯たんぽやカイロ、飲み水にもなります。体温調節が難しいお年寄りや赤ちゃんに利用してください。

●首、手首、足首、の三つの露出部分をしっかり保温すれば、体温を暖かく保つ事が出来るとの事です。いろいろ調べましたが、と に か く 首 を 暖 め ろ  http://www.ustream.tv/channel/foxtokimekitonight (ustreamにて放送中)

TBS http://www.ustream.tv/channel/tbstv#utm_campaign=twitter.com&utm_source=4939766&utm_medium=social

情報ほしい方はこちらへ
●ワンセグケータイ持ってんだろ!

●iphoneのRadio JPってアプリ。電池さえあれば停電してもNHKとかのラジオきける。

●外国人の方へ。現在NHKラジオ963にて英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語の各言語で地震情報を放送しています。


☆【余震対策】
● 余震への警戒は1週間は続けてください。地震から3日たっても震度5以上の余震が続く可能性は十分にあります。

●大きな余震がまだ懸念されています。なるべく水ものは下に降ろし、ガスの元栓は締め切り、すぐ出られるように簡単でいいので荷物を作っておいて下さい。

●車のキーはさしっぱなしにした方が後で動かしやすい。

●睡眠時に支障が出ない窓、扉は開けておくといざという時困らない。

●浴槽に水ためる。ありったけ米炊いとく→おにぎりにしとけ。避難の際はブレーカー落とす。


携帯電話の無駄な電池の消耗は避けましょう。

いざという時に使えなければ意味がありません!



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。