スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リネは関係ありません 



今日はまじめな話を。。。

リネとはまったく関係ありません でもこのブログを読んで

将来役立つかもしれません。

私はガンという病気の先端医療に携わる仕事もしています

なぜここでこの話を出すかというと一般の皆さんが余りに無知で

ならないでいい病気になって苦労しているからです。

たぶんこのブログを読まれている方には現在無縁でしょう 

しかしながら必ず直面します これだけは断言できます。

すごーく簡単に書きます きっと理解できますし役立つ時がくるでしょう















がんはもう2人に1人の時代へと突入しました。 両親の片方はガンで死ぬのです

医療技術の進歩・薬の進歩により寿命が延びたからです。

ガンにならない為、一番大事な事は



検査です  



俗に言う人間ドックってやつです。

普通の会社から推奨されてる血液検査ではありません  精密検査ってやつです

早期発見であれば一部のガン以外はたいしたことありません

この精密検査を1年に1回していれば絶対といっていいほどガンで死なないでしょう

ただし 金はらって時間さいて苦痛を受けにいく人間ドックはばからしくって

ちゃんと受けている方は非常に少ないです 大体15%程度ではないでしょうか

精密検査は どこの病院で受けても10万円程度は最低します

カイモで5万使ってる場合ではありません 両親でも検査に放り込みましょう

10万も取られてぼったくりって思うかもしれませんが、検査機器は非常に高額です

MRI 1機 最低8000万はしますし、メンテナンスは毎年1000万かかります

減価償却を考えると高額になってしまうのです














もし ガン になってしまったら、、、

がんになって一番大事なのは 転移してるか してないか これです。

もしガンが見つかって 転移してなかった この方はラッキーです

なぜなら選択肢がたくさんあるからです。 

ガンの3大治療とは 




手術・放射線治療・抗がん剤治療 です





この3つの選択肢があるから 転移していない方はラッキーなのです

もし 転移がある場合 選択肢はあまりありません

あるのは抗がん剤治療です

抗がん剤治療は諸刃の剣です  副作用と引き換えにガンの進行を止めるのです

その引き換えにするものは人間の生きる力です

ガンの進行にやられるのではなく抗がん剤でなくなられる方もいてます
















近年 ミクロレベルでの医療技術の進歩により保険はききませんが、

高度先端医療というガンを直る確率を上げるものがあります。

重粒子線治療・免疫細胞治療・樹状細胞治療 等 様々です

もし ガンという病気に直面した場合、こういった事も勉強して

試してみるべきだと思います。 

残念ながら亡くなられましたが、ボクシングの長谷川選手のお母さんは

たしか重粒子線治療を受けたと記憶しています 

大体1回の照射で300万ぐらいかかったと思います













患者さんの皆さんはお医者さんが神様に見えるはずです

残念ながら 全ての医者を信用してはいけません

セカンドオピニオンサービスとかいう言葉を聞いたことあると思いますが、

なぜこの言葉が出たかを考えると医者を信用してはいけないという理由が

わかるのではないでしょうか 

大きな病院の医者 = 信用できる ではありません

患者さんが知識武装して自分で医者を選択する事も大事です

さわりだけですが、覚えておくと大事な事もありますよ。





 



リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。